発毛専門クリニック 表参道スキンクリニック ホーム > 薄毛の原因とメカニズムについて

薄毛の原因とメカニズムについて

AGA 薄毛の原因とメカニズム

遺伝やホルモンバランス、生活習慣など。AGA 薄毛の発症原因はさまざま。

生活習慣は自助努力での改善余地がありますが、遺伝やホルモンバランスについては、ご自身の力ではどうにもできません。そして「遺伝」や「ホルモンバランス」こそが、AGA 薄毛の発症に大きく関わっています。しかし、あきらめることはありません! 当院の治療はAGA 薄毛のサイクルを遮断することで正常なヘアサイクルを取り戻し、発毛へ導きます。まずはAGA 薄毛の原因となる「遺伝」や「ホルモンバランス」と、AGA 薄毛の関係についてご説明します。

  • 遺伝
  • ホルモンバランス
  • 原因となる遺伝子には、2種類あると考えられている。

    遺伝子

    1つめは5αリダクターゼ。これがテストステロンと結びつき、AGAの原因となる男性ホルモンへと変換されるのですが、両親のどちらかがこの遺伝子を持っていると、体質を遺伝し、AGAを発症する確率が高くなります。

    2つめはアンドロゲンレセプター。これは、毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体の感受性が高い体質になる遺伝子です。この遺伝子はX染色体の変異によるものですが、X染色体は母親から受け継ぐため、母方の家系に薄毛が見られると、AGAを発症する確率が高くなります。

    AGA 薄毛の原因となる体質は、遺伝する。

    遺伝

    この2つの遺伝子の影響により、正常なヘアサイクルが崩れ、毛髪が充分に発育できない、または抜け落ちるサイクルが早くなり、次第に薄毛・抜け毛が進行するとされています。
    つまり、「AGAを発症しやすい体質は、遺伝する」ということです。
    AGAの最大の原因は遺伝であるため、個人の努力で薄毛・抜け毛を防ぐには限界があります。当院での治療に使う薬は、 AGAを発症しやすい体質=5αリダクターゼの活性を抑える成分と、髪の成長に非常に重要な細胞=毛母細胞毛・乳頭細胞の増殖を促進する成分を配合しているため、高い発毛効果が現れます。

  • 男性ホルモンが大きく影響するAGA 薄毛

    毛乳頭細胞

    男性ホルモンの一種である5αリダクターゼが、アンドロゲンレセプターといわれる毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体に結合すると、強力な発毛抑制作用がうまれ、AGA 薄毛が進行していきます。
    またAGA 薄毛はほとんどの場合、前頭部や頭頂部にかけて発症します。理由は頭の部分によって、男性ホルモンと女性ホルモンのつかさどる箇所が違うためです。
    ※前頭部や頭頂部は男性ホルモンの影響下にあり、側頭部や後頭部は女性ホルモンの影響下にあります。

    「生活習慣を改善してもダメ?」

    生活習慣の改善はもちろん重要です。しかし男性ホルモンの影響により、AGA 薄毛のサイクルができてしまうことが問題です。
    ストレスや偏った食生活などもAGA 薄毛を進行させる一因ですが、根本的にはホルモンバランスの影響を大きく受けるため、生活習慣を改善したとしてもAGA 薄毛の進行を食い止めるには限界があります。
    当院での治療に使う薬の有効成分が、男性ホルモンを作り出す酵素の活性を抑えることでAGA 薄毛のサイクルは遮断されます。
    正常なヘアサイクルに導くことでAGA 薄毛の進行を阻止し、高い発毛効果を実現します。

無料カウンセリング0円

お電話でのご予約・相談

お電話は0120-334-270まで

メールでの無料カウンセリング予約はこちら

  • 無料カウンセリング
  • 女性向け発毛治療
  • 男性型脱毛症治療薬『ザガーロ』について
  • 発毛プログラムヘアジニアス
  • 薄毛の原因とメカニズム
  • 発毛成功・症例
  • Q&A

スカルプケアシャンプーVITALISM

copyright 表参道スキンクリニック

薄毛の悩みなど、まずは無料カウンセリングをお申し込みください!

お電話は0120-334-270まで

メールでお申し込みの方はコチラ